×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

日経225のロールオーバー

日経225のロールオーバー 

 

日経225の取引をしている中で、ロールオーバーと言う言葉が出てくると思います。日経225と言うのは先物取引と言うことになるので、満期が決められています。満期がくると自動で、決算されますが、その場合には、特別清算指数の値段での決算と言うことになります。日経225はどちらかと言うと、満期が決められているために、短期での取引がメインになっていることの方が多いと思いますが、長期運用も可能です。日経225で長期運用をするための取引システムのことを、ロールオーバーと呼んでいるのです。日経225のロールオーバーを使えば、満期が来ても繰り越しが可能になります。満期が繰り越せるということで、通常は満期までの短期間でしか、取引を行うことができなかった場合でも、長期運用することができるようになるという訳です。ロールオーバーを利用すると、そのまま満期を繰り越すのではなくて、一回まず清算することになります。清算をした後に、同じポジションから再スタートするということになるのです。通常はSQ決算が行われるのですが、ロールオーバーを行えば、メリットとしては、値段がかなり安定したままキープすることができて、その上で取引をすることができるという点があります。SQ決済がされませんから、日経225の取引がスムーズに行えるようになるというメリットがあります。初心者の場合には、まずは通常の満期を迎えるタイプの取引がいいと思いますが、慣れてくれば、ロールオーバーに挑戦するのもいいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ